銀とは一体何でしょうか2


銀製品は大気にそのまま放置していたり、或いは硫黄の含まれたものに触れていると、黒く変色してしまいます。何故このように変色してしまうのでしょうか。これは空気中の硫黄によって、表面に硫化銀の皮膜を作ることが原因です。また硫化銀と言っても色々な色が有ります。硫化銀の皮膜の厚さによって最初は黄色、次に茶褐色に変わり、更に皮膜が厚くなると今度は黒色に変色します。また皆さんはゴム製品をよく使っているかと思います。こうした輪ゴム等のゴム製品(合成ゴムも含む)の場合、ゴムの伸縮性を良くするために添加されている硫黄化合物と空気中の水分とが反応して硫化ガスに変わります。そしてそれが銀を変色させます。
また銀を変色させる成分は他にも有ります。皆さんにとっても御馴染みのパーマ液、或いは化粧品等に含まれている硫黄化合物や界面活性剤の硫黄分、それにシャンプー、台所洗剤の界面活性剤中の硫黄分、宝石箱のなかのゴム系接着剤、またちょっと変わったところでは私達が日常口にしている卵や玉葱等の食品など、実に様々なものから硫化の影響を受けます。それによって銀は変色してしまいます。
また銀が変色するケースとして上の場合と比べたら稀なのですが、銀が塩素と化学反応(塩化反応)して、そして表面に塩化銀の皮膜を作って、それによって銀が茶色に変色する事もあります。この塩化銀皮膜は、最初は茶色の変色から次第に黒い変色へ変化していきます。 この塩化銀皮膜は硬く安定した物質であって、例えばシルバークリーナーといった方法では取ることができません。こうしたパターンで銀が変色してしまった場合には、研磨剤で磨くか、或いはシルバークロス(研磨布)を使って塩化銀皮膜をとるしかありません。
勿論銀の変色を防ぐ方法も幾つか有ります。例えばロジウムメッキ等のコーティングを行うことによって、銀のこの硫化や塩化の黒変は避けられます。ですがこの場合、やはり銀、シルバー独特の柔らかな銀色の風合いは失われてしまい、寧ろプラチナのような硬質な光を放つ銀色となります。また皆さんは御存知かどうかわかりませんが、シルバーはゴールドと共に人類がもっとも親しんできた貴金属であり、同じ白でも銀の白色はプラチナと比べて落ち着いた光沢が特徴です。従ってできることならこうした優しく落ち着いた光沢を何時までも保っていたいものです。
ところで金に純金度という指標が有るように、銀にも純銀度という指標が有ります。銀の場合、92.5%をスターリングシルバーと呼んでいて、一つの指標となっています。そしてこのスターリングシルバー特有のセルフハードニング(時効硬化)と呼ばれる特性を出します。このスターリングシルバーの場合、例えばシルバーアクセサリーとしてリングを鋳造した後、室温まで放冷するだけで最高硬度が得られます。またそれによってキズ等が付きにくくなります。
それ以外にも銀には様々な用途、加工法が有ります。銀を管楽器に使用したり、或いはメッキを施したりすると、音色が大変向上するという性質も持っています。皆さんは管楽器のフルートを御存知だと思います。そしてよくフルートに銀メッキがしてあるのを御存知でしょうか。このようにフルートに銀メッキをするのは装飾的意味も勿論有りますが、それよりも音色が良くなることがその理由です。

『銀 製品』 最新ツイート

@Foolishpersonal

@pluievent0221 但し本人は文字通り燃えても日光浴もするし水浴びもする ダメージは負っても表に出ないからね あ、銀製品もアウトだから婚約指輪を付けている部分は焦げてる(

41分前 - 2017年12月15日


@xGQzv

@onsocktakakura コーティング製品も長期使用では剥離するでしょうし、銀なら使ていれば硫化もしないでしょう 純銀製はやはり手触りが違いますね 経年変化もどう味が出るか楽しめそうです 中身を交換して使おうと思いましたが、… https://t.co/7MPfXqbGxs

1時間前 - 2017年12月15日


@copenhagen_info

街を歩くと、楽しいことが飛び出してきそうなイラストいっぱいの指さしデンマーク。陶器・銀製品・北欧家具やアンデルセンも有名です 旅の指さし会話帳 デンマーク https://t.co/SSvbxIRVp7

2時間前 - 2017年12月15日


Valuable information

2016/2/10 更新