銀とは一体何でしょうか1

ところで現在の私達にはすっかり御馴染みの存在になっているシルバーアクセサリー、そして銀ですが、そのシルバーアクセサリー、言い換えれば銀が一体何なのかを皆さんは御存知でしょうか。言わば銀の特徴なのですが、これは皆さんも意外に知らないのではないでしょうか。銀と言えばこれを御覧の皆さんで知らない人はいないでしょう。ですが銀がそもそも一体何なのか、というとこれに答えることのできる人は恐らく非常に少ないことかと思います。ここではそんな銀の特徴を紹介しつつ、シルバーアクセサリーの基である銀そのものの正体に迫ってみたいと思います。

銀の歴史は非常に長いものです。世界には実に様々な種類の金属が存在していますが、言い換えればその中でも銀は、人間が使用した最初の金属の一つなのです。それでは銀の特徴と言えばどんなものがあるでしょうか。銀の外観は、その落ちついた柔らかな白い光沢が特徴です。そして全ての金属のなかで、銀は水銀と並んで最も可視光線の反射率が高くなっています。具体的な数字を言えば、銀の反射率は90%、赤外線なら98%を反射します。これほど高い数字になっています。また銀は研磨することによって、プラチナよりも強い輝きを出すこともできます。
ところで皆さんは学生時代に化学の授業で元素記号について習ったことがあるかと思います。皆さんは銀の元素記号を御存知でしょうか。銀の元素記号は「Ag」です。それでは何故銀の元素記号が「Ag」なのかを御存知でしょうか。これはラテン語で「白い輝き」を意味する「argentum」が語源となっているのです。また、銀は所謂展延性に富んでいて、あらゆる金属のうちでも熱や電気の伝導率が最大になっていますす。更には銀は自然界に広く分布しています。ですが他の金属に比べれば、銀の総量は極めて少ないものとなっています。それ故銀は希少価値が高いのです。また銀は実は自然に存在する多くの鉱物中に含まれています。この点が同じく希少価値が高く、同時に同じように銀と同じく価格の高い金とは異なっています。
先にも触れたように、銀は金と同じように希少価値が高く、私達人類に大変珍重されています。銀やシルバーアクセサリーは人気が高く、貴金属店やジュエリーショップでも人気商品です。ですが同じく貴金属店等での人気商品である金やプラチナと、銀は異なることろが有ります。というのも銀は金やプラチナと違って、原子的に安定していません。銀は化学変化を起こしやすく、そしてすぐに変色してしまいます。皆さんも聞いたことが有るでしょうが、よく銀は酸化すると言われます。ですが実際には、銀は高い温度に加熱しなければ、通常の状態では酸化しません。そして銀の変色もそのほとんどは硫化ですが、中には銀の塩化反応も稀に起こります。
銀は変色すると書きました。皆さんも銀が変色することはよく御存知かと思います。それでは銀は何故変色するのでしょうか。ここでは銀の変色の秘密を紹介していくことにします。

『世界 銀』 最新ツイート

@NicoGaChan

異世界を羽ばたくツバサ ☆3 銀以下 放置周回用 https://t.co/EhEBYENfVq

6分前 - 2017年12月15日


recommend

越谷のデリヘルに問い合わせ

最終更新日:2017/5/31