銀の歴史


さて長い時間をかけて世界各地に銀が普及していったのですが、16世紀に入ってからスペイン、パナマ、アンデス地方のコスタリカ人インディアンズにおいて、そこでの銀細工師の技術が非常に高くなっていました。それと同時に高い芸術性を持ったものになってきました。ここでようやく銀の鋳造技術に芸術性が加わってきたとも言えます。
またこの頃銀の産出が南米はボリビアで始まりました。ボリビア、同じく南米のペルー、更に北米のメキシコでは、1500年から1800年の間において、世界の銀のほぼ85パーセントを産出するようになったと言われています。
また17世紀、ニューヨークのセネカ族、イロコイ族、カユーガ族等の所謂アメリカインディアンの種族は、ヨーロッパの銀貨を宝飾品に変え始めました。これがある意味現在のシルバーアクセサリーの始まりであるとも言えるでしょう。それらの技術は、叩き出しから始まって、浮き彫り、焼きなまし、それに金銀線細工等の現在の銀細工技術の始まりでもありました。 
18世紀に入ると、既に広く銀が普及していた中国において、銀の使用はより広範囲になっていきました。そして19世紀になると、中国でも銀の宝飾品は採掘精錬技術の進歩によって、より手頃で身近なものになっていきました。また電気メッキが発明されたのもこの頃です。
さて1850年代の中頃、現在でも有名な貴金属店であるニューヨークのティファニーが銀器の生産を始めました。ティファニーと言えば皆さんもよく御存知かと思います。
そして20世紀に入ってからは、銀の大消費国アメリカでも、銀の有名な鉱山がネバダ、コロラド及びユタで発見されました。
こうして銀やシルバーアクセサリーの歴史は現在にまで至っているのです。ここまで簡単に銀やシルバーアクセサリーの歴史を振り返りましたが、現在の世界で銀の産出量が多いのは何処の国でしょうか。皆さんは御存知でしょうか。現在の世界で銀の産出量が多いのは、先の文章にも出てきたメキシコを始め、ロシア、アメリカ、カナダ、或いはペルー等となっています。ここで挙げたこれらの国で、銀の世界総生産の大部分を占めているそうです。このように、銀の精錬技術の発達と銀の鉱山の発見により、現在では銀の供給量が増えています。またそれに加えて銀の様々な回収システムが整備されたことから、銀は金と比べて安価になっています。
また一口に銀と言っても、銀の用途には色々あります。皆さんはこの銀の色々な用途を御存知でしょうか。銀は主に写真フィルムの材料や工業用に使用されます。そのほか、その輝きの美しさから、銀は宝飾材料や貨幣用にも使用されています。皆さんにとっても御馴染みのシルバーアクセサリーや銀貨も、こうして銀から作られ、そして私達に愛好されているのです。
如何でしたか。以上ざっと銀及びシルバーアクセサリーの歴史を振り返りましたが、私達人類が長い歴史において如何に銀、そしてシルバーアクセサリーを愛してきたかを理解していただけたかと思います。もし現在皆さんのお手許にこうした銀やシルバーアクセサリーが有りましたら、是非ともこうした銀やシルバーアクセサリーの長い歴史に思いを馳せていただければ、と思います。

『銀 歴史』 最新ツイート

@sinsei_copy

夜狐「朝はいつも水一杯だけど、朝食を食べたら何か変わるのか?」 銀鮫「行動が変わる」海豹「世界が変わる」姫蟻「時代が変わる」死鴉「歴史が変わる」夜狐「そんなでかでかと変わるのか」

1分前 - 2017年10月18日


@a310railgun

高1 地方の進学校に入る。とにかくいろんなタイプの活動をさせる学校で、色々手を出したよ。色々失敗恐れずにいかせるような感じの。銀魂→エヴァ→禁書という順でハマったのもこん時。高1時点ではそこまで黒歴史がない、問題は次の年だ。

57分前 - 2017年10月18日


@tsuntan2

歴史・銀たま本の通販やってます。こちらで申込み可能・歴史は去年の冬コミから、銀たまはそれ以前のもの多し・CPは銀沖メイン   https://t.co/El25Mb5J57

1時間前 - 2017年10月18日


Favorite

柏でデリヘルを探す
http://kashiwa-mugen.com/

Last update:2016/4/27